佑ちゃんやマー君だけじゃあないぜ!・野球を始め・サッカー・ゴルフ・大相撲・競馬・モータースポーツ・格闘技などスポーツ全般を中心に今話題の時事ネタなどもまじえて、独自の視点で楽しく綴ったブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佑ちゃんやマー君だけじゃあないぜ!


祈るような思いも届かなかった。代打を送られた7回の攻撃。青木の三振ゲッツーでプロ初勝利の可能性がなくなると、ベンチで見守っていた増渕は静かに息を吐いた。7回を4安打1失点5奪三振。デビュー戦でMAX148キロを計測と存在感を見せつけたが、“ハンカチ世代”の初白星はならなかった。

増渕ここに在りですかね。オープン戦でも好投していましたし、故障者続出でめぐってきたチャンス。意外とマー君より先に勝ち星を、、、
古田兼任監督も「初登板だし、普通は緊張したり、力が入りすぎたりという人が多い中で、落ち着いていたし内容もよかった」と絶賛。「(降板は)無理はさせられないし、次回に備えてもらうということです」とローテ入りを明言した。

 同世代のライバルのことは、常に意識している。昨夏は埼玉大会決勝で敗退。甲子園で激闘を繰り広げた早実・斎藤、駒大苫小牧・田中らの姿は、テレビで見つめるしかなかった。高校ラストゲームの2日後からトレーニングを再開。「甲子園組に負けたくない気持ちはある」反骨心が成長を支えている。

ヤクルトの投手はよく故障するイメージがあるので、大事に育てていってほしいですね。ハングリー精神たっぷりの増渕君の今後に期待しましょう。

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000094-sph-base
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ&ニュースヘッドライン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。