佑ちゃんオープン戦ながら大学初勝利!・野球を始め・サッカー・ゴルフ・大相撲・競馬・モータースポーツ・格闘技などスポーツ全般を中心に今話題の時事ネタなどもまじえて、独自の視点で楽しく綴ったブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佑ちゃんオープン戦ながら大学初勝利!


早大・斎藤佑樹投手(1年=早実)が6日、東京・西東京市の早大グラウンドで行われた東海大とのオープン戦で、先発2本柱入りを猛アピールした。9回1イニングを零封した前日5日に続いて先発マウンドに上がり、6回86球を投げて2安打無失点に抑えた。

大学野球は3戦の2勝先勝式なので2枚の先発がしっかりすればけっこういいとこにいける仕組みなので、その1枚に1年生ながら、、、、
最速は141キロで、強豪東海大から4三振を奪った。相手を見ながら投球を組み立て、要所を締める持ち前の投球術を披露。東海大の伊藤栄治監督は「勝負どころを分かっているし、ピッチングを知っている。リーグ戦でも中心選手として十分やっていける」と話した。昨秋の国体から使うツーシームについても「最初はフォークかと思った。米国で覚えたと聞いたが、いい具合に落ちてピッチングの幅を広げている」と認めた。

球種も増やしたりと貪欲に取り組んでますね。また相手を見ながらなどはさすがにそのピッチングスタイルのクレーバーさを思わせますね。

今週は東都リーグ勢など強豪相手の1週間で、初戦は須田幸太投手(3年)、2戦目は福井優也投手(1年)が先発した。須田は完封、福井は8回3失点とともに好投。通常なら14日からの開幕2連戦もこのローテーションの可能性が高く、斎藤は3番手から先発2本柱入りをかけることになる。開幕まで残り1週間。この日の好投で望みをつないだ。

さあ、どうなるんでしょうね。他のピッチャーにもいい影響を与えてるみたいで、早稲田大学自体も春のリーグ戦いいとこにいけるんじゃあないでしょうかね

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000036-nks-base
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ&ニュースヘッドライン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。