上原さんエースの称号はオレのものだ!・野球を始め・サッカー・ゴルフ・大相撲・競馬・モータースポーツ・格闘技などスポーツ全般を中心に今話題の時事ネタなどもまじえて、独自の視点で楽しく綴ったブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上原さんエースの称号はオレのものだ!


これぞ、エースのピッチングだ。阪神との今季初戦に先発した左腕・内海が、序盤から走者を出しながらも粘り強い投球を披露。5回に1点を失ったものの、6回以降は1安打を許しただけ。Gの開幕投手がセ・リーグ完投勝利一番乗りで、開幕2連勝だ。

いやあ、ホントすばらしい内容でしたね。上原やパウエルが離脱する中で開幕投手にも抜擢されましたが、正直どうかなって思っていたんですが、、、、
こみ上げてくる興奮を内海は抑えた。目の前で小さく拳を作り、すぐに帽子を取った。9回2死から最後の打者・鳥谷を投ゴロに仕留めた。「点差もあったし、今日は冷静にいきました」いつもの雄たけびは一度もない。ベンチ前で出迎えた原監督とゆっくりと握手を交わした。立ち居振る舞い、しぐさ…そのすべてに、エースとしての風格が漂っていた。

心配なかったですね。エースの風格さえ漂ってるんですから。でも、まだまだこれからが本当のエースになっていくためにも大事ですからね~。

初めての開幕投手に続き、今度は完投で連勝。それでも指揮官は更なる高みを望んだ。「完投は価値がある。開幕戦も投げて、階段を着実に上っている。でも、我々が要求するものはもっと大きい」2回無死一、二塁からのバント失敗を例に挙げ「そういうこともエースとしての地位をつかむには大切なこと」とあえてゲキを飛ばした。「投げるからには1人で投げ抜くつもりで、次も完投、完封するつもりで頑張る」誰もが認めるエースに、一歩近づいた夜だった。

監督のコメントにも期待されていること分かりますね。それも普通のローテーションピッチャーとしてでなく、もう一歩上のエースを目指して欲しいということですね。ポテンシャルの高さは高校時代から誰もが認めていたんですから今年はジャンプする年になりそうですね。上原さんうかうかしてちゃあダメですよ。

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000049-sph-base
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ&ニュースヘッドライン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。