着うた高校生は半年に20曲以上~・野球を始め・サッカー・ゴルフ・大相撲・競馬・モータースポーツ・格闘技などスポーツ全般を中心に今話題の時事ネタなどもまじえて、独自の視点で楽しく綴ったブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着うた高校生は半年に20曲以上~


日本レコード協会(RIAJ)がこのほど実施した調査によると、携帯電話向けの「着うた」を、中高生は半年に平均20曲以上ダウンロードしていることが分かった。最多は男子高校生で、平均27.8曲だった。CD販売は若年層の市場が縮小し、中高年層のマーケットシェアが高まっている。

半年で20曲ってことは1ヶ月で3曲ちょっとですか。毎週変えてるんじゃあないの?私の着信音は普通の音なんだけどなあ~
音楽ユーザーの実態を知るため、昨年10月、首都圏の12歳~69歳の男女1200人に対して、質問紙で調査した。

 着うた・着うたフルの利用率が高まり、着うたは24.9%(前年比4.8ポイント増)、着うたフルは9.9%(4.2ポイント増)。着うたフルは大学生以下の若年層の利用率が特に高かった。

 過去半年間の着うたのダウンロード数平均は9.9曲、着うたフルは10.9曲。それぞれ中高生が特に多く、着うたが中学生男子で16.2曲、女子で13.8曲、高校生男子で24.5曲、女子で20.3曲。着うたフルが中学生男子で27.8曲、女子で10.3曲、高校生男子で16.6曲、女子で21.2曲にのぼった。

みんな利用してんだ。もうCDを買ったりレンタルする時代は終わりに近づいているんでしょうか。若い世代ではそう言う傾向にあるってことですよね。

CD市場全体を年代別シェアで見ると、20代までの若年層が年々減る一方、男性50~60代の拡大が顕著。アルバムの平均購入枚数は男性50代で前年比1.35枚増の3.13枚、同60代で0.73枚増の1.80枚。若年層の人口比率は今後も縮小するため、RIAJは「今後のCD消費市場は、30代以上のミドル~エルダー層中心に移行する」と見ている。

やっぱりそうですね。団塊世代にCD受けてるみたいですね。私が利用していたレンタルCDならぬ、レンタルレコードの時代が妙に懐かしく感じられますね。

(引用 IT media Newshttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/05/news093.html)

スポンサーサイト
Copyright © スポーツ&ニュースヘッドライン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。