アニキ金本39歳バースデーアーチ!・野球を始め・サッカー・ゴルフ・大相撲・競馬・モータースポーツ・格闘技などスポーツ全般を中心に今話題の時事ネタなどもまじえて、独自の視点で楽しく綴ったブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニキ金本39歳バースデーアーチ!


アニキが39歳の誕生日を自らの満塁弾で飾った。阪神の金本知憲外野手が3日、ヤクルト戦の5回2死満塁からバックスクリーン直撃のグランドスラムを放った。05年に続くバースデー弾で先制すると、1点差に迫られた8回には左翼の守備で同点のピンチを救う好返球を披露。チームの3連勝に貢献した。

 自らを祝った。こんなバースデーなら何度あってもいい。39回目となる誕生日。金本は格別な1日に胸を躍らせた。

しかし、39歳とは思えんね。なんか年々飛距離が出てる気がするんだけど。
37歳で初の40本超えでしょう。一体何歳までやってくれるんでしょうかね。45歳くらいは楽勝な気が、、、
0―0で迎えた5回2死満塁だった。カウント1―3。追い込まれた石川の好球だけに的を絞っていた。真ん中に来たスライダー。思い切り振り抜いて、通算6本目となるグランドスラムをバックスクリーンへ豪快に打ち込んだ。「甘い球だけを待っていた。力んだ分(体が)開いたかな。コントロールがいいピッチャーだけど、たまに(甘い球が)来るんや」

 序盤は拙攻で6回以降は無安打。5回が唯一の得点だから、まさに値千金の決勝弾だった。だけど、アニキの魅せ場はまだある。8回だ。2死二塁から福川の左前打で本塁を突いた二塁走者・ガイエルをレーザービームで刺した。「走るとは思わんかったから遅れたけど、うまいこと濡れた人工芝でスピンを利用して投げた」。窮地を救った2バウンド返球は、計算ずくの一投だった。

打つだけでなく守りでもいい働きですね。この人の体に衰えという文字は存在しないんでしょうかね。

開幕前から張っている左太腿裏は万全にはほど遠い。4回には右翼フェンス直撃の一打で一塁にストップした。和田守備走塁コーチは「今はあれが精いっぱい。これ以上、悪くしないためにも我慢のしどころ」と説明する。春雨で冷え込む神宮。「そら、キツイわ」とズボンのポケットには携帯カイロを忍ばせていた。投球の合間に何度も両足をさすって温めた。それでも試合に出続け、そして打った。

やっぱりね~。まあ野球選手は体のどこかが痛いとかあるっていいますからね。万全の選手はいないんじゃあないかって思いますからね。そんな中いかにそれをださずに、そしてうまく付き合っていった選手が勝ち残っていくんでしょうね。

厳しいプロの世界金本こそプロフェッショナル!ではないでしょうか。


(引用 ライブドアニュースhttp://news.livedoor.com/article/detail/3106681/
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ&ニュースヘッドライン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。