米大統領選なんでそんなにいるの?・野球を始め・サッカー・ゴルフ・大相撲・競馬・モータースポーツ・格闘技などスポーツ全般を中心に今話題の時事ネタなどもまじえて、独自の視点で楽しく綴ったブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米大統領選なんでそんなにいるの?


2008年の次期米大統領選への出馬を表明した民主党候補のうち、ヒラリー・クリントン上院議員が今年1月から3月までの3カ月で2600万ドル(約30億6000万円)の選挙資金を獲得した。夫人のがん再発を公表したジョン・エドワーズ元上院議員も、闘病を支える姿が好感を集めて1400万ドル(約16億5000万円)を獲得した。

 民主党では、2000年大統領選を戦ったゴア副大統領が1999年1~3月に集めた890万ドルが最高で、両氏とも同氏の記録を上回った。

想像のつかない金額ですね。なぜ必要なの?どうやって?っていろいろと聞いてみたいことは、、、、
AP通信などが1日、各候補への献金状況をまとめたもので、クリントン氏はこのほかに中間選挙(昨年11月)で残った資金約1000万ドル(約11億8000万円)を含め、目下の選挙資金は3600万ドル(約42億4000万円)に達した。

 エドワーズ氏への個人献金は、夫人のがん再発を明らかにした先月22日の記者会見後、インターネットを通じた小口献金が急増した。

 ただ、同じく民主党の有力候補バラク・オバマ上院議員は献金額などを公表しておらず、「次の3カ月以降、競争に堪える十分な資金を集めることが大事だ」とコメントした。

 共和党では同じ期間の資金集計を今月15日ごろ発表する。有力候補のジュリアーニ前ニューヨーク市長の陣営は2日、1500万ドル以上の資金を獲得したことを明らかにした。

勉強不足かもしれませんが、選挙ってこんなにもお金がかかるんですね。ビックリです。アメリカの大統領って権限もなんかあるみたいでそのイスは政治家先生には魅力クたっぷりなんですかね。こうなったら、もう笑うしかないですね!

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070403-00000007-san-int

スポンサーサイト
Copyright © スポーツ&ニュースヘッドライン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。