早稲田大学、佑ちゃん魅せたぜ、ナイスリリーフ・野球を始め・サッカー・ゴルフ・大相撲・競馬・モータースポーツ・格闘技などスポーツ全般を中心に今話題の時事ネタなどもまじえて、独自の視点で楽しく綴ったブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早稲田大学、佑ちゃん魅せたぜ、ナイスリリーフ


早大・斎藤佑樹投手(1年=早実)が、緊急リリーフでチームのピンチを救い、勝った。立大戦、7-5と追い上げられた9回裏2死満塁、カウント0-2の土壇場で福井優也投手(1年=済美)をリリーフ。4球で空振り三振に打ち取った。人生初となる走者を背負い、カウントが途中の場面からの登板にも、大舞台を経験した肝っ玉は動じない。

いやあ、もう出番はないって思ってたとこでのリリーフ。それもツーアウトフルベースのノー2というカウント途中からのリリーフでしょ。普通に考えれば最悪のケース。でもそこを、、、、
斎藤「緊張はあったけど、こういう状況で投げられることにワクワクしていた。正直楽しさを感じていました。ああいう状況だと体からわき出てくるものがある」。
 あの場面で「楽しい」という強さ-。マウンドに向かうと、細山田武史捕手(3年=鹿児島城西)が「お前は大舞台を経験しているんだから強いんだろ」と声を掛けた。「はい」とうなずき集中した。

いやあ、たいしたもんです。この場面を楽しめる、ワクワクしたって言えるのはなかなかできないですよね。恐れ入りました。

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000057-nks-base
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ&ニュースヘッドライン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。