大阪桐蔭、中田「進化」へまた一歩・野球を始め・サッカー・ゴルフ・大相撲・競馬・モータースポーツ・格闘技などスポーツ全般を中心に今話題の時事ネタなどもまじえて、独自の視点で楽しく綴ったブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪桐蔭、中田「進化」へまた一歩


大阪桐蔭・中田翔投手(3年)が30日、大産大付グラウンドで行われた春季大阪府大会の守口東戦に「4番右翼」で出場。本塁打こそ出なかったものの、四回のチャンスには左前適時打を放ち、チームの勝利に貢献した。

なにかと暗い?話題の多い高校野球たまには景気のいいこんな話を出してくれるのは、やっぱり中田ですかね。
センバツ後から、左足を上げるフォームに戻し、ステップの幅も狭くした。さらなる進化を模索する怪物に、その兆しが見られたのは一死二、三塁で迎えた四回の打席だった。悪癖のアッパースイングが修正され、内に入ってくるスライダーに反応。打球は瞬く間に三遊間を突き抜けた。
 「右足にしっかり残っているから、力がすごく伝わりやすい。もともと(足を)上げてたんで、しっくりきています」

いいと思いますよ。天性のホームランアーティストだと私は思ってますから。豪快なフォームでホームランを量産するべきだと思います。絶対に小さくまとまって欲しくない逸材なんで、その辺はこだわって欲しいですね。

(引用 Yahoo!ニュースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000000-dal-base&kz=base
スポンサーサイト
Copyright © スポーツ&ニュースヘッドライン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。