野球を始め・サッカー・ゴルフ・大相撲・競馬・モータースポーツ・格闘技などスポーツ全般を中心に今話題の時事ネタなどもまじえて、独自の視点で楽しく綴ったブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊ノ島、強行出場!朝青龍に本場所でリベンジ!


大相撲の新小結・豊ノ島(23)=時津風=が10日、東京・両国の部屋で夏場所(13日初日・両国国技館)への出場を発表した。横綱・朝青龍(26)=高砂=との申し合いで右ひざと足首を負傷し休場が濃厚だったが、本人が直訴し、時津風親方(元小結・双津竜)も強行出場を認めた。因縁の朝青龍とは前半戦での対戦が予想され、身長168センチの幕内最小兵力士がリベンジに挑む。

大丈夫?というのが第一声ですよね。リベンジの気持ちはわかるけど、まだ若いし、将来のことを考えたら、、、、続きを読む
スポンサーサイト

松坂、日本流で大家に勝つ!


レッドソックスの松坂大輔投手(26)が2度目のブルージェイズ戦に先発し、7回を5安打1失点に抑え、4勝目を挙げた。調整法の変更などさまざまな工夫の成果が表れ、ここ数試合の不振を吹き飛ばす内容。5年ぶり4度目となる日本人先発対決で大家友和投手(31)に完勝し、怪物が“らしさ”を取り戻した。

やっと松坂らしいといった感じですかね。日本流の調整を今回したみたいですが、井川もそうするといってるように、メジャー流より慣れたほうが、、、続きを読む

幕張ファイヤー、ロッテ、ズレータ5年連続10本塁打


ロッテ・ズレータが5年連続の2ケタ本塁打を放った。1回2死一塁から左翼スタンドへライナーで突き刺す10号。

やっぱり、ロッテには大砲が必要でしたね。まさに、その働き。幕張ファイヤーをもっと、もっと、、、、続きを読む

阪神、10連敗阻止、球児で締める!


球児が浮かべた笑み。それは前夜(9日)、9回に逆転を許した際に強がりで作ったものとは輝きが違った。「最後、藤川で締めるのが勝ちパターンやから」指揮官は1点リードの9回に迷わず、守護神の名をコールした。悪夢の今季初黒星から一夜。さすがの火の玉右腕も、内心には恐怖心を抱え込んでいた。

やっぱり、きのう打たれても阪神が勝つにはこれしかないでしょう。藤川で最後は行く!これで負けたら仕方ないと思いますよ。続きを読む

高野連、やっと緩和措置


日本高野連は10日、大阪市内で緊急の全国理事会を行い、日本学生野球憲章違反のスポーツ特待制度の申告者のうち、経済的な事情で就学継続が困難となる部員に限り、卒業まで学校長や関係審査機関の裁量で設けた奨学金を受けられる緩和措置を決めた。

やっとといった感じですね。事実上の追認というところはありますが、大学が処分しなかったことや文科省よりの指示なども影響してるんではないですかね。続きを読む

打った、打ったロッテが打って勝った!!


連敗中の相手に容赦はなかった。ロッテは2回に打者13人10安打で8得点を奪うと、今季両リーグ最多となる25安打を浴びせ13得点。毎回安打に先発全員安打のおまけまでつけて快勝。オリックスの連敗を10へ伸ばした。

いつも、ここというとこで、タイムリーが出なくてイライラさせるマリーンズ打線が爆発しましたねえ、、、、続きを読む

井川、マイナー降格、日本流でやる!


 「日本でやってきたような投げ込みや走り込みをやってきたい。自分のやりたいようにやってしっかりと調整法をつくりたい。自分の球が投げられるように」

私もそれがいいと思いますね。松坂もそうかもしれませんが、メジャー流の調整にうまくフィットしてないと思います。やっぱり日本式の投げ込みを、、、続きを読む

ヤンキース、松井秀喜、ノーヒットも勝利に貢献?


 米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜は9日(日本時間)、本拠地でのレンジャーズ戦3連戦初戦に「5番・レフト」で先発出場し、3打数無安打2四球に終わったが、チームの勝利に貢献した。

フォアボールはなんとなく分かるけど、ノーヒットで勝利に貢献って、、、、続きを読む

西武、涌井、マー君に投げ勝ち、ハーラー単独トップ


16安打10得点で西武が快勝。一回に中島の2ランで先制、2回には中村のソロで加点。五回に追いつかれたが、六回に細川の二塁打で2点を勝ち越し。その後も着実に加点した。涌井は完投で両リーグトップの6勝目を挙げた。楽天の田中は2けた被安打で2敗目。

途中まではどうなるかなって思ってましたが、6回に決められたって感じではないでしょうか。マー君も辛抱が大事かな。涌井はホント松坂の穴を埋めて有り余るほどに成長しましたね。なんといっても完投が、、、続きを読む

小笠原が国内復帰の可能性も示唆


セリエB降格が決定しているメッシーナのMF小笠原満男(28)が8日、今後の去就について、海外にはこだわらない意向を示した。6日の降格決定後、初めて取材に応じた小笠原は「何が何でも海外でという気持ちはない」と国内復帰の可能性も示唆。移籍先の条件に「自分を戦力として評価してくれること」を挙げた。

確かに海外にこだわることはないと思いますね。やっぱり言ってるように自分を戦力として考えてるとこってのは気持ちとして分かるような気が、、、、続きを読む

佑ちゃん、早稲田のリリーフエース!


早大・斎藤佑樹投手(1年=早実)が2試合連続の抑え役で連勝に導き、チームは貴重な勝ち点を挙げた。立大戦で1点リードの8回からマウンドに上がり、2回24球を投げて1安打無失点に抑えた。

またも好リリーフですね。ピンチもあったようですが、自分のまいた種は自分で刈るがごとく、ダブルプレーに取るあたりは凄いですね。でも先発は、、、続きを読む

ヤンキース井川、マイナー降格


米大リーグのヤンキースは7日、不振の井川慶投手を調整のため傘下のマイナー1Aタンパに降格させたと発表した。具体的な調整期間、マイナーでの登板は未定。メジャー1年目の今季、制球に安定感を欠くなど苦しんでいた。井川に代わり、マット・デサルボ投手が昇格した。

クレメンスの復帰で沸く中、井川のマイナー降格が決まりましたね。先発はコマ不足でクレメンスのメジャー昇格まではチャンスあると思ってましたが、、、、続きを読む

クレメンス古巣ヤ軍にサプライズ復帰


現役最多348勝のロジャー・クレメンス投手(44=前アストロズ)が、古巣ヤンキースにサプライズ復帰した。

やっぱり、復帰するんだ。どうなるかって思ってましたが、やっぱりかえってきましたか、、、それもヤンキースに、、、、続きを読む

松井が日米通算2000本安打達成


ヤンキース松井秀喜外野手(32)が日米通算2000本安打を達成した。マリナーズ戦の6回、ワシュバーンから左翼へ飛球を放ち、左翼手が太陽光線に邪魔されて捕球できなかった。1度は失策と判断されたが、安打(二塁打)と訂正され苦笑いの達成となった。

なんか、スッキリとはいかないですが(笑)おめでとうございます。このペースだと先の話をすると怒られるかも知れませんが、3000本もいけるんじゃあ、、、、続きを読む

星野ジャパン、エースに日ハム、ダルビッシュ!


2008年北京五輪出場を目指す日本代表・星野仙一監督(60)が7日、都内でアジア予選(11月26日から12月2日・台湾)に向けた第1次候補選手60人を発表した。しかし、指揮官が「JAPANのエースに」と期待する日本ハム・ダルビッシュ有投手(20)が、代表入りを辞退する可能性が高まった。

松坂の後のジャパンのエースはダルビッシュと星野さんも、言葉は選びながらもテレビ出演でも宣言してましたからねえ。確かに私も賛成ですね。今、いいですね。伸び盛りで力があるって思いますね。でもなぜ?辞退、、、、続きを読む

私立強豪校 特待生外したら壊滅状態


各地で番狂わせが相次いだ。茨城では2度の全国制覇の経験を持つ常総学院が、竜ケ崎一に予想外の5回コールド負け。これまでのスタメン9人のうち特待選手8人を入れ替えた影響で“格下”相手にまさかの大敗を喫した。持丸修一監督(59)は「仕方のないことだが、1回でも良い戦いをしたかった」と言葉少なだった。同じくレギュラー5人を入れ替えた土浦日大も藤代に完封負けした。

特待生がいなくても名門校の野球部員はそうが厚いはず。負けることはあってもコールド、しかも公立校、、、やっぱりこの問題はいろんなとこに余波を引き起こしてるかも、、、続きを読む

大関、栃東、引退7日にも発表


大相撲の大関、栃東(30)=本名・志賀太祐(しが・だいすけ)、東京都足立区出身、玉ノ井部屋=が、体調不安を理由に現役を引退する意思を固めていることが5日、分かった。栃東が関係者に「頭(の痛みや不安)のことで、もう相撲は取れない」と話したという。

うわさでは引退との報道もありましたが、いよいよ正式発表されそうですね。残念ですが頭じゃあねえ。怪我ならまだまだがんばれっていえたんですけどねえ、、、続きを読む

ロッテ、こどもの日11年ぶり勝利


チームの勝ち頭にふさわしい、小林宏の粘りの投球だった。「悪いなりに投げられた」7回を7安打も1失点に抑え、4勝目をマーク。「こどもの日」では96年のダイエー(現ソフトバンク)戦以来、チーム11年ぶりの勝利を満員の観衆にプレゼントした。

知らなかったですね。子供の日に勝ってない事は、、、4月に調子よくゴールデンウイークに入ると長期お休み(笑)してたことはよくあったんで、その中に埋没してましたね。でもこれからは、、、続きを読む

早稲田大学、佑ちゃん魅せたぜ、ナイスリリーフ


早大・斎藤佑樹投手(1年=早実)が、緊急リリーフでチームのピンチを救い、勝った。立大戦、7-5と追い上げられた9回裏2死満塁、カウント0-2の土壇場で福井優也投手(1年=済美)をリリーフ。4球で空振り三振に打ち取った。人生初となる走者を背負い、カウントが途中の場面からの登板にも、大舞台を経験した肝っ玉は動じない。

いやあ、もう出番はないって思ってたとこでのリリーフ。それもツーアウトフルベースのノー2というカウント途中からのリリーフでしょ。普通に考えれば最悪のケース。でもそこを、、、、続きを読む

ソフトバンク、王監督通算1200勝


監督室に引き揚げたソフトバンク王監督に、先発のガトームソンが粋なプレゼントを届けた。「HAWKS 1200TH WIN」と書き込んだ、ウイニングボールだ。史上9人目の監督通算1200勝。「サインして持ってきたよ。彼は2勝目だからね」。手ぶらで監督車に乗り込んだが、偉業を祝う選手たちの気持ちは、心に響いた。

いやあ、昨年は病気もあって心配しましたが、やっぱりユニフォームを着てグランドに立つ姿はいいですね。体に気をつけてまだまだがんばって欲しいですね。続きを読む

阪神ピンチ、赤星までも、、、、


甲子園球場が静まり返った。阪神・赤星憲広外野手(31)が4日・広島戦の七回、二死満塁から右中間の打球にダイビングキャッチを試みた際、首などを強打して負傷。必死の守備が思わぬ結果になってしまった。試合はまたも投手陣が打ち込まれて3年ぶりの6連敗。赤星は長期離脱の可能性もあり、あまりにもショックが大きい敗戦となった。

最近、ちょっと暗い話題の多い阪神。勝てない上に浜中に続き、赤星までもがケガ、それも長期離脱、、、さてどうするタイガース????続きを読む

小野伸二、ナイスですとあっけらかんに監督を、、、


3日の千葉戦後にオジェック監督の采配批判をした浦和MF小野伸二(27)に対し4日、クラブは事情聴取の後、厳重注意の処分を下した。しかし、小野は取材陣の前で開き直りとも取れる発言を行い、指揮官との確執の根深さをうかがわせた。FWワシントンの規律違反に続いて表面化したチーム内の不協和音は、簡単には収まりそうもない。

スポーツ誌の一面を飾ったことに対してのコメントですが、軽すぎって感じですよね。だってクラブからは厳重注意でしょ。これでいいんですかね~、、、続きを読む

イチロー松坂の制球難にちょっとちょっと、、、


イチローは「ストライク率がね……」とライバルの制球難に注文をつけ、松坂も「イチローさんはがっかりしたんじゃないかと思う。今日はイメージとかけ離れていた」と、捕手・バリテックが構えた所にボールが行かないもどかしさを口にした。

確かに松坂の立ち上がりは良くない方のピッチャーだと思います。でも荒れ球って言えば聞こえがいいけど、ちょっとちょっと、、、、続きを読む

松井200本はイチローの前で、、


4日からはヤンキースタジアムでイチローのいるマリナーズと4連戦。ジョー・トーリ監督(66)は、初戦での記録達成を“予告”した。本拠地ファンとともに2000本を祝う意向だ。

あと2本ですからねえ。4試合もあればというより、スパッと最初の試合でホント、イチローの前で達成して欲しいですね。それも、、、、続きを読む

亜大、岩本、1試合3発


東都大学野球 第4週第3日 専大1-10亜大(4日・神宮) 亜大が専大を投打に圧倒し2つ目の勝ち点を挙げた。4番・岩本貴裕(3年)が東都史上初となる1試合3本塁打するなど、打線が爆発。タイ国籍の先発・白倉キッサダー(3年)が1失点でリーグ戦初完投勝利を挙げた。

岩本選手って確か広島商時代はサウスポーのピッチャーやった選手だったと思うんですが、そのころからバッティングは、、、、続きを読む

ゴルフ界のシャラポワ、えっ107位


「ゴルフのシャラポワ」と呼ばれる21歳のロシアの女子大生美人プロ、マリア・ベルチェノワが、7オーバー107位でプロデビュー戦初日を終えた。

凄い注目集まっていましたが,初日終わって107位ですか。これじゃあ予選通過も、、、、続きを読む

不敗神話守った!山瀬功3戦連発


横浜のMF山瀬功が後半21分、右19メートルのFKを直接決めた。チームにとっては今季初のセットプレーからの得点。山瀬功は3戦連発で、05年の移籍後はリーグ戦でゴールを決めると9勝2分け。不敗神話を守り、川崎Fから00年以来の勝利を奪った。

へえ~、そんな不敗神話があったんですね。3戦連発で、それでもって不敗の男ってなんかかっこいいですね。続きを読む

岡島、新人月刊MVP!


レッドソックスの岡島秀樹投手(31)が、4月のア・リーグ新人月間MVPに選ばれた。日本人選手では03年松井秀(ヤンキース)以来4人目。サポート役として専属通訳がついたこの日は、アスレチックス戦に2点リードの8回から登板し、1イニングを3人で抑え、連続無失点記録を13試合に更新した。

松坂より先に目立った岡島ですね。いまやレッドソックスの中継ぎエースではないでしょうか。無失点記録ものばし、これを誰が予想していたでしょう、、、続きを読む

中田翔、77号!


今秋のドラフト最大の目玉、大阪桐蔭・中田翔投手(3年)は3日、大阪府春季大会の4回戦で甲子園優勝経験のある興国と対戦し、高校通算77号を放った。2点リードの3回、2死二塁から左翼へ力でねじ込み、チームも快勝。埼玉栄・大島裕行(現西武)が持つ高校通算記録の86号まで、あと9本に迫った。

今回は強豪校ではないですか。価値もあるもんですよ。高校野球は今たいへんな問題をかかえてるだけに、気持ちいい一発で明るくしてくれますね、、、続きを読む

高野連、軟化!「私学部会」設立


日本高野連は3日、硬式、軟式を合わせた加盟全4678校に実施した日本学生野球憲章に違反するスポーツ特待制度採用校の調査結果を最終発表した。376校(うち8校が軟式でも抵触)が申告し、7971人の部員が適用を受けていた実態が判明した。また、今後のため「特待生問題検討私学部会」を立ち上げることを決めた。

もう、大変ないまや社会問題にまで発展していますからねえ。古い学生野球憲章にしばられていては、ダメだと思いますね。やっぱり、生徒のことを一番に考えてあげるべきでは、、、、続きを読む
Copyright © スポーツ&ニュースヘッドライン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。