アマチュア野球・野球を始め・サッカー・ゴルフ・大相撲・競馬・モータースポーツ・格闘技などスポーツ全般を中心に今話題の時事ネタなどもまじえて、独自の視点で楽しく綴ったブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野連、やっと緩和措置


日本高野連は10日、大阪市内で緊急の全国理事会を行い、日本学生野球憲章違反のスポーツ特待制度の申告者のうち、経済的な事情で就学継続が困難となる部員に限り、卒業まで学校長や関係審査機関の裁量で設けた奨学金を受けられる緩和措置を決めた。

やっとといった感じですね。事実上の追認というところはありますが、大学が処分しなかったことや文科省よりの指示なども影響してるんではないですかね。続きを読む
スポンサーサイト

佑ちゃん、早稲田のリリーフエース!


早大・斎藤佑樹投手(1年=早実)が2試合連続の抑え役で連勝に導き、チームは貴重な勝ち点を挙げた。立大戦で1点リードの8回からマウンドに上がり、2回24球を投げて1安打無失点に抑えた。

またも好リリーフですね。ピンチもあったようですが、自分のまいた種は自分で刈るがごとく、ダブルプレーに取るあたりは凄いですね。でも先発は、、、続きを読む

私立強豪校 特待生外したら壊滅状態


各地で番狂わせが相次いだ。茨城では2度の全国制覇の経験を持つ常総学院が、竜ケ崎一に予想外の5回コールド負け。これまでのスタメン9人のうち特待選手8人を入れ替えた影響で“格下”相手にまさかの大敗を喫した。持丸修一監督(59)は「仕方のないことだが、1回でも良い戦いをしたかった」と言葉少なだった。同じくレギュラー5人を入れ替えた土浦日大も藤代に完封負けした。

特待生がいなくても名門校の野球部員はそうが厚いはず。負けることはあってもコールド、しかも公立校、、、やっぱりこの問題はいろんなとこに余波を引き起こしてるかも、、、続きを読む

早稲田大学、佑ちゃん魅せたぜ、ナイスリリーフ


早大・斎藤佑樹投手(1年=早実)が、緊急リリーフでチームのピンチを救い、勝った。立大戦、7-5と追い上げられた9回裏2死満塁、カウント0-2の土壇場で福井優也投手(1年=済美)をリリーフ。4球で空振り三振に打ち取った。人生初となる走者を背負い、カウントが途中の場面からの登板にも、大舞台を経験した肝っ玉は動じない。

いやあ、もう出番はないって思ってたとこでのリリーフ。それもツーアウトフルベースのノー2というカウント途中からのリリーフでしょ。普通に考えれば最悪のケース。でもそこを、、、、続きを読む

亜大、岩本、1試合3発


東都大学野球 第4週第3日 専大1-10亜大(4日・神宮) 亜大が専大を投打に圧倒し2つ目の勝ち点を挙げた。4番・岩本貴裕(3年)が東都史上初となる1試合3本塁打するなど、打線が爆発。タイ国籍の先発・白倉キッサダー(3年)が1失点でリーグ戦初完投勝利を挙げた。

岩本選手って確か広島商時代はサウスポーのピッチャーやった選手だったと思うんですが、そのころからバッティングは、、、、続きを読む
Copyright © スポーツ&ニュースヘッドライン All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。